業者を見極める

東福寺に咲くもみじ

大阪は日本で二番目に人口が多い都市で、年々高いビルが建ったり、近代的な建物が建ったりと進化しています。
その一方で、昔から変わらない自然なども存在するのです。
ひとつが古墳です。
大阪の南のほうに古くから変わらない古墳があります。
古いと言っても千年以上前ですから、ある意味すごいことです。
基本的には一般人は古墳に登ったり船を使って上陸することはできません。
中でも一番大きい古墳は全長が500メートルほどもあり、その周りは池で囲まれていて容易には近づけません。
緑もほぼ昔のままで、いつまでも変わらない景色の一つと言えます。
古墳以外では、大阪の北の方に目を移すとたくさんの自然があります。
過疎化が進んでおり、あまり人が立ち入らないことがその理由のようです。

大阪の良いところと言えばどんなところでしょうか。
あるアンケートによれば、食べ物が美味ししことが挙げられます。
もともと大阪は商業の街として栄えました。
別名は天下の台所です。
つまり、日本中の食べ物は大阪の蔵に一度集まって、そこから船などで全国に運ばれていったのです。
そう言った経緯からこの地域に旅行に来る人の中には食べ歩きを目的とする人も多いようです。
食べ過ぎて食い倒れすると言われるほどたくさん食べることができる全国でも珍しい地域です。
もう一つこの地域のよいところは、交通の便がいいところです。
市街地の中心部から隣の県の歴史的観光地にも1時間以内に行くことが可能なのです。
また、遠くへ行くには飛行場や新幹線の駅がありとても便利です。